自律神経失調症やがんを治す|最先端医療を大公開!

免疫細胞を活性化

病院

がんを予防・治療する為に大切なのががん細胞を攻撃する免疫機能で、免疫力を高めることによってがん細胞の増殖を防ぐことが出来ます。がん細胞を直接攻撃する免疫細胞として知られているのがTリンパ球と呼ばれる免疫細胞で、このTリンパ球の働きを活性化させることによってがんを予防することができます。Tリンパ球の働きを活性化させるとして注目を集めているのが樹状細胞という細胞で、樹状細胞を使ったがん治療の事を樹状細胞療法と言います。樹状細胞はTリンパ球にがん細胞へ攻撃をする司令を与える免疫細胞で、樹状細胞療法を行なって樹状細胞の働きを高めることによってTリンパ球を活性させてがん細胞を集中的に攻撃します。樹状細胞を使った治療の大きなメリットとして挙げられるのが副作用が無いという点で、がん細胞を集中的に狙い撃つ為にその他の細胞にダメージを与えません。抗がん剤を使った化学療法は激しい副作用に苦しんで患者の体力と気力を低下させてしまいますので、負担の無い治療を受けたいのであれば樹状細胞を使った治療を受けましょう。
樹状細胞療法と一口に言っても様々な種類があり現在主流となっているのががん細胞を手術で取り出して樹状細胞を取り込ませて、再び患者の体内に入れるという治療方法です。この治療方法の事を自己がん細胞感作樹状細胞ワクチン療法と言い、樹状細胞の働きを活性化させることが出来ます。その他にも、樹状細胞と人工的に作られたがん抗体を反応させて体内に入れるという治療方法などもあり、クリニックによって行なわれている治療方法が違いますので自分に合った樹状細胞療法を行なっているクリニックを選ぶことが大切です。