HOME>オススメ情報>飼い主も安心して食べさせることができるシンプリーキャットフード

飼い主も安心して食べさせることができるシンプリーキャットフード

エサ

人工の添加物が入っていない

シンプリーキャットフードが多くの愛猫家に選ばれているのには理由があります。その理由のひとつが、「人工添加物が使われていない」ということ。多くのキャットフードは、品質の低下を防ぎ、見栄えを保つ目的で酸化防止剤や保存料、発色剤などの添加物が使用されています。怖いのは、ペットフードに使用されている添加物の中には、猫の健康を害する恐れがあるものが含まれているということです。例えば酸化防止剤としてよく使われるエトキシンやBHT、BHAは、いずれも発がん性が疑われている物質です。発色剤の亜硝酸ナトリウムや硝酸カリウムも発がん性物質となります。美味しそうな色に見せるために着色料が使われていることもありますが、これも発がん性やアレルギー発症の危険性が指摘されているものがあります。すべて見栄えをよくし保存が効くようにするため、つまり製造者の都合によってこれら人工添加物が使用されています。猫の体を考えたら、添加されていないに越したことはないでしょう。ただし、カテキンやローズマリー抽出物などの天然由来のものは問題ありません。

犬と猫

高齢の猫にも安心のやわらかさ

キャットフードの多くは、仔猫向け・成猫向け・高齢猫向けといったようにライフステージに合わせたものが販売されています。しかし、シンプリーキャットフードは全年齢対象を対象とし、すべてのライフステージに対応しています。そのため、シニアになったからといって他のフードに代える必要がありません。歯が弱ってくるシニア猫には専用の食べやすく調整されたフードの方がいいのではと心配になるかもしれません。しかし、シンプリーキャットフードはカチカチに硬いわけではなく、小粒でもあるため、シニア猫でもしっかり食べることができます。肉食動物である猫にとっては、しっかり噛むことができるフードを食べるほうがより満足が得られるでしょう。